忍者ブログ

ふゎふゎホヨモッテリ

いろんな物を作っテリ

061 それから

「a film」が想像以上の高評価で恐れ戦いている話、またそれから考えたことの話。
時間も経っていろいろ纏まりましたので、書いていきます。

◆評価
DL数は現在900件くらい、週間DLランキングは最高15位まで上り詰めたのでもう満足といった感じです。もぐらゲームズさんに紹介記事を書いていただいたり、実況翻訳等のお話もいただいたりしてるので割とよい感じのようです。ありがとうございます。ありがとうございます。ただ、翻訳に関してはちょっと思うところがいろいろあるので申し訳ありません。
中国版RTPでは日本版ツクールゲーがプレイできないという話は聞いているのですが、ううむ。
 
◆自己評価
ドットのほうは個人的にはまだまだと思っているのですが、結構高評価だったので恐れおののいています。取り敢えずワニ風船のインパクトは伝わったようなので良かったです。
ツクールのほうでのいろいろは今回かなり端折っていて、メッセージの表示形式くらいしか意識してない(それも途中で辛くなってきたので階段上るあたりからは真ん中らへんに来ればいいかな~くらいで作っている)んですが、変に策を弄してごてごてするよりは良かったんじゃないかと思っています。
ボリュームの話はいろんなとこで言われまくってるんですが、話自体ありきたりな感があるのであまり引き延ばしても……という気がします。取り敢えず作り込みまくって行けるとこ増やして、探索しまくれるようにしようとも考えたんですが、アドベンチャーゲームとしての面白さと別の話になってくるのでやめました。っていうかそんなんやってたらこっちのモチベが尽きる
あとはさんざん言われた「スタッフロールの名前んとこで気が抜ける」話については、そういう感じで行きます。HNで殴っていくスタイルを確立させたい。

◆思ったこと
だいたいこれと同じことを思いました。ただ、2っきに提供するよりはド短編でもいいから自分で一発作った方が得られるものは多いと思います。2っきに投げればインスタントに評価が得られる(可能性はある)(かもしれない)(実際のところそんなに素材作者に目は行かない気がするけど今どうなのかはわからない)けど、自分で一発作った達成感は半端ない物があります。次にもつながる。
あと、今回凄いラフに作ってこれだけの評価を頂いてしまって、じゃあマジの奴をマジのクオリティで作ったらどうなるんだ……?と何となく思っています。それがいつできるかは分からないけれど。
取り敢えず、また新しいのをぼちぼち作り始めています。
PR

コメント

プロフィール

HN:
ふゎふゎ♥ホヨモッテリ
性別:
非公開
自己紹介:
mail:hoyomotteri ζ^鯖^ζ gmail.com

制作物

ふりーむ!ブランドページ
a film iP!2015年12月号(晋遊舎様)掲載
ドライブ
霧のアルター
3本足のレリカ

super cub 50  Out-Standing Guest Room記事

感謝

P R