忍者ブログ

ふゎふゎホヨモッテリ

いろんな物を作っテリ

018 ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン第1話 感想

個人の感想をめっちゃキレた口調で書いてるのでそういうことだと思ってください
個人の感想です。
*推移
「あっオープニングかっこいいな!?」
 ↓
「あっインフェルノコップだ……」
 ↓
「クソかな…」
 ↓
「動くとかっこいいかな…うーん」
 ↓
「クソゴミだった」


*よかったところ
・ミュルミドンのデザイン
元ネタのアリをモチーフにしたデザインと言い、「バイクが本人に似ている」という形で
「無人のまま走行しているように見える」という描写をカバーしたあたりが良かったです。
・ミュルミドン戦のアクション
「なんかカクカクしてるけど大丈夫か…?」と思ったけど、実際見てみるとスピード感あって良かったですね。ブリッジも見られたし。

*悪かったところ
・これだけ盛り上げてきて、この有様
1年前から期待したり、岡崎絵を見て震えたり、PVでひっくり返されて不安になったり、そんなんやってたら狂信者にボブ扱いされたり、なんやかんやで期待してて、この有様って。
この有様がどんな有様かについては下に述べていきます。
・インフェルノコップ
あれでニンジャ戦闘のキモであるスピード感とカラテ応酬は表現できたのかと。
あと「動きやすいように線を減らしたデザインにした」みたいな話だったと思うんですが、
全く動かないのは何だったんでしょうか。ニンジャ戦闘は速すぎて僕には見えなかったのか。
・繋ぎが雑
何の脈絡もなく安アニメと紙芝居が切り替わるので手抜き感が半端ない。
もうちょっとどうににもなったのでは……原アニメだから仕方ないのか……
半端にナラクウィズインとか流すのもMADっぽくてアレでした。
・イヤグワ、そうじゃねえ
ガタロー・マンのコピペを参考にしたとはあるけれど…あるけれど。
ただ手抜き感と安っぽさを表現しただけで、間の悪いミニマルもクソもないイヤグワでした。
・背景のテクスチャ率
ネオサイタマの猥雑なネオンとか、汚染大気とか重金属酸性雨は出てこなかったですね。
テクスチャばっかりで、「サイバーパンクにニンジャ」という良さは欠片もなかった。
・ザ・ヴァーティゴ=サンの糞フォロー
自キャラに白々しい自画自賛させるのってどうなんスか。
個人的にザ・ヴァーティゴ=サンすごく好きなので、こういうマーケティング戦略に
登場してほしくなかったし、絶賛した後に「無理するな」って凄くダサい逃げ腰ですねとしか。
そんなキャラだったのか。ハンパしないとはなんだったのか。
・ギャグに走ってどうするんだ
例えばサラリマンが囲んで棒でたたかれるシーンとか完全にギャグになってて、
警官による暴力が当然のように行われるマッポー感、虐げられる民衆のブザマが全くない。
一見ギャグに見えても中身はハンパしてない、が忍殺ではなかったのか。
・ニンジャスレイヤーじゃない
ニンジャスレイヤーをニンジャスレイヤーたらしめる復讐、怒り、憎悪、全部なし。
ニンジャが出た!殺すべし!(一枚絵スライド)イヤーグワー。殺すべし!(終わり)
……で?名言なぞってギャグめいたゴアやって終わりなんです?
・その割に変なところに凝る
画面比だのモノラルだの、そういうことする前にもっとすることあったのでは。
トリガーがどういう会社かは知りませんが、まぁ、その、
いるよね、基本ができてないのに変なところに凝りたがるクリエイター気取り……

特にニンジャスレイヤーがただのニンジャ殺す人になってるのが凄くクソかと。
ニンジャ殺すだけでいいならなんか、こう、ニンジャにロープつないで振り回して
殺す装置とか置いとけばいいのでは。ニンジャブンブンキリングマシーン。
これにわるいニンジャが引っかかって、ナラクウィズインが流れてニンジャが死んで終わる。

タグも考えました。#njbbkmです。

この先どう転んでもこのクソ感は消えないし、逆にヤモト回だけ美麗にやられても
「女の子描きたいだけなんですね…」ってなるのでもう見ません。よかった探しも嫌なので。
多様性だし本気で肌に合わないし。本編更新があればそれでいいです。

ああすっきりした!!!!!
PR

コメント

プロフィール

HN:
ふゎふゎ♥ホヨモッテリ
性別:
非公開
自己紹介:
mail:hoyomotteri ζ^鯖^ζ gmail.com

制作物

ふりーむ!ブランドページ
a film iP!2015年12月号(晋遊舎様)掲載
ドライブ
霧のアルター
3本足のレリカ

super cub 50  Out-Standing Guest Room記事

感謝

P R