忍者ブログ

ふゎふゎホヨモッテリ

いろんな物を作っテリ

006 ゆめ2っきのこれから

ここゆめにっき派生のブログじゃないんですけど!?
GALAXY氏が一旦休憩ということで、2っきスレ13部屋目の色々も一休みということで。
色々なところからの意見が求められている感あるので僕も乗っていきます。

取り敢えず親愛なるdedp氏のブログを紹介しておきます。
ゆめ2っき考察ブログ 原初の記憶
要約
・原初2っきスレは初心者にも優しい雰囲気があった。
・しかし今はスレ民が非常に厳しく、事実新規参加者は非難を受けて離脱してしまった。
・「昔、自分が受けた感銘、感動を
  今の新規さんが受けることのできる
  ゆめ2っきに戻って欲しい。」(抜粋)

…というところでしょうか。気持ちisわかる。


最近のスレ民が厳しいというのは確かにあります。
原因1:知名度が上がって野次馬が増えた
これは僕が2っき離脱したあたりからありました。
「そもそも敬意を払ってたら、まんま模倣とわかるパクリゲーを作るわけないだろw
 お前さんもパクリゲーに荷担した1匹にすぎんのさ 」
とレスがついたのは記憶に新しいようなそうでもないような。
ちなみにこの問題に際して、twitterにまで変なのが現れるという事態に陥りました。
興味本位で介入し少数派の味方をするbot
いまいち何がしたいかわからないのでアレですが、まぁ変な野次馬の類です。
追記:鍵アカになってました。
   GALAXY氏に苦言を呈するツイートをfavしたり、「マナーを押し付けるマナー」とか
   よくわからないことを言ってたんですが何故……

原因2:作品として固まってきた
これだけ作ってくれば雰囲気もそれなりに固まってくるわけで、
いきなりそれから離れまくったものを叩き込まれたらまぁそうなるよなと。
dedp氏と同じころにGALAXY氏などが制作してたら問題なかったとの意見がありましたが、
つまりそういうことです。初期dedp氏の作品については正直よく知らないんですが、
まだ内容も少なくファンもおらず、イメージが固まっていないならそりゃ何を作ったとしても
許されるでしょう。

下手な例えをしますと、ある名作をオマージュした像か何かを共同制作しているとして、
「どうなるかわからないけど取り敢えず作ってみよう」と粘土を盛っていき、
人が集まり、自然と方向性が決まり、細部を彫りはじめたころにコンセプトも顧みず
「私このほうがいいと思うぜ!」と生乾きのレジンをぶっかけられたら普通キレます。
昔、710氏君がイメージと違うところに粘土を盛っちゃったのとはちょっと違うんですよね。
楽しみに見守っているギャラリーもその頃とは数が違います。


対策:便所の落書きに期待するな
共同制作ではありますが、実行するのはあくまで製作者(ツクラー)。
意見は制作・ROMと平等に出せるシステムではありますが、結局大事なところになると
やはり製作者さんの意向が…実際作ってる人でないと……というのが現状です。
匿名よりも名付きの方が当然発言力はあります。
しかし、否定意見となるとこれが逆になってくる。匿名のが異常に強い。
実行者(コテ)と発案者(名無し)が同じ立場にあるメリットは薄く、デメリットをもろに食らっているわけです。
どうしても現状のままでやっていくということなら、スルースキルを高めて、建設的意見だけをうまく取り入れていくしかないのでは。

要約
・初心者に優しいのは「ゆめ2っき」ではなく「企画の駆け出し」。
・スレ民が厳しいのは便所の落書きだからしょうがない。

申し訳なく思いながらもdedp氏の記事をマスブレードでぶん殴ったところで、
スレの問題については終わりとします。


GALAXY氏の対応の杜撰さについてここでは言及しません。

さて、(今は参加してないですが)僕自身のスタンスに話を移します。
僕とdedp氏の思想には非常に相反するところがあります。
dedp氏は企画やスレの雰囲気、制作環境のことを考え、みんなが楽しくゆめ2っきを作って行けることを願っています。
対して僕はガチガチの原点狂信者最右翼であり、主張は一貫して「ゆめ2っきをいかによい作品にするか」という目的に基づいている、はずです。

取り敢えず前から言ってる問題点を挙げたりしてみます。

前提
「良い作品」の条件:プレイする側、作る側が満足できるクオリティであること
クオリティというのはドットの上手さとかそういう話ではありません(案外その辺は界隈全体的に寛容だったりします)。突き詰めていくと「ゆめにっきっぽさ」とかのあやふやな概念になってしまうんですが、その辺はもう界隈全体であったりスレであったりで突き詰めていくしかないのでは。

問題点1:内容が多すぎる
今やver.0.102dに達したその歴史の要領たるや低スペックのパソコンではDLもままならないと聞きます。ゲーム自体も煩雑化しすぎて、更新されたら更新箇所だけ確認するというプレイスタイルの方も多く見かけます。新規でプレイするのはもはや無謀です。
なんか参考になる記事があった気がするなと思って「収集要素」でググったら「収集要素 ゆめ2っき」がサジェストされて驚いた次第です。

問題点2:ゆめにっきっぽくない
あやふやな概念になる上に個人的見解になってしまうんですが、ゆめ2っきはもはや「とても暗い雰囲気の、夢の中(という設定)の世界を歩き回るゲーム(ゆめにっき公式サイトより)」ではないです。「ゆめにっきっぽい雰囲気の、夢の中(という設定)の世界を歩き回るゲーム」でもないです。

後者は個人的に非常に気に食わない点ではあるんですが、(一応)スレの総意でできてきたものだから、ということで前者にのみ触れていきます。また、企画自体は続けていくことを前提に展開していきます。

対策:一旦拡張を止める
もうすでに手遅れな気がしますが、消したり削ったりはできないと思うので。
それから下記の案に持ち込みます。
├対策a:更新を改善方向に移す
 たとえばドットの打ち直しであるとか、イベントの追加であるとか。
└対策b:新しく作っていく
 システムや主人公など、残したいものはそのままに、言うなればポケモンの赤と緑のような感
 じで「ゆめ2っきb」に製作を移行するという考え。新しいイベント、今までの雰囲気ではでき
 なかったイベント、その他新たな可能性が展開できます。
 ただ、スレ民や考察勢の考えを思うと、お話としてはどういうことなんだ!?となる気も。



とにかく企画として続けていき、新規さんが感動を受けられる場を作っていこう、という点から見るのであれば、例えば「ただ歩き回るゲームを作るスレ」を作ってそちらでやっていく方がうまくいくのではと。
ゆめにっきの凄いところの一つは、「ただ歩き回るだけ」を飽きさせない絶妙なバランスと雰囲気の統一感にあると思うのですが、これは現状の不特定多数参加型制作とはおそらく相性が悪いと思います。
その点もっと広い範囲であり、固有名詞ではないものを題材にしていけば、ここまでの流れを無視して新しいものを叩き付けてもよほどのことがない限り今回のようなことは起こりません。膨らむだけ膨らんでもバージョン分け案やその他対策の導入も容易。

尻切れトンボですが適当なところで終わりとします。
PR

コメント

1. 記事を拝見しました

こんにちは、GALAXYです。
あの時はご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
別の記事のコメントも含みます。

私は悪意を持って制作に参加した訳ではありません。
ブログ内で「私はゆめ2っきを破壊する為に参加してるんだ」と言ってますが本心じゃないです(言われたのでそう感じました)。
ゆめ2っきは共同制作である以上自己満足じゃすまされない、それだったら自分の派生作品でやれと言われました。
完全な復帰は来年以降になりそうです。
それまでは8月下旬まで反省し、個人派生に取り掛かろうと思います。

実際うぃとるをプレイしててつくづく感じました。
「その製作者にしか出来ない独自のアイディアがあるから面白い」と。
ゆめにっきっぽいマップもありました。
でもそこの考察ページには「考察しずらい」という言葉も目にかかりました。
設定を付けちゃイメージの固定化があるので考察しずらいと言われました。
正式名称は付けない方がいいと・・・
ゆめにっきは窓付きちゃんやゲームのNASU、カリンバやモノ江さんモノ子ちゃんと他複数の場所(浅瀬とか火星、樹海とか)以外は正式名称はないです。
自身の派生を作る際もあまり公式設定は付けないつもりでいます。
そしてとある2っきの壁紙を見て感じたんですが改めて性別は男か女か分からない方がいいと感じました。
(↑のことを例でまとめると鳥人間をエミーちゃんと呼んだり某キャラを私は女と解釈し、とある人は男と解釈したことです。
実際私も楽しむwikiを見る前は黒魔女さんのことを婦人さんと呼んでました)

さて、この記事のコメントでもいきますか・・・
私自身ツクール使ったのver0.101iが初めてなんですよね。
バグがないか不安で仕方がありませんでした。
何回のテストプレイでバグはほとんど出ませんでしたが私の世界には大きな批判やブーイングが来ました。
私はめっちゃキツい言葉で指摘されました。
学ぶ姿勢はなく自己保身の為で謝って修正したせいか、それでも非難の声はやみませんでした。
精神的に来ました。
辛すぎて死にたくなったと感じました。
私は憎むべきユダヤ人製作者だと思われてるような気がします。

確かに私はいけないことをしました。
例の嘘の件とかゆめ2っきに私の世界を実装しようと思われたとか・・・
そのせいで私は怒られて差別されるようなことが起きました。
(漫画でいうとワンピースでいうレベッカちゃん。
10年前の例の事件でリク王様がドフラミンゴの罠にかかって住人を大量死させたことにより、彼の孫娘であるレベッカちゃんがコロシアムのさらし者になったということです。
その時はまだ国民が例の事件の犯人はリク王様のせいだと思っていたので国民は悪の心に騙されているとは知らずに善のあるレベッカちゃんを大いなるブーイングしました。
けれども彼女は勝ちました(優勝はサボですけど)。
その後、国民が例の事件の犯人がドフラミンゴだということが分かりました。
その内容を知らなかったらすみません)

親やカウンセラーの先生に聞くとそういった私に悪口を言ってくる奴らはそういうことしか出来ない悪性の人だと言われました。
悪性に悪の心を持ったのが悪かったと思います。
いや、それだけじゃないです。
私には「ゆめにっきっぽさ、ききやまさんへの敬意、思いやり、理解できる形、理解しやすい形、心地よい形」が足りなかったと思います。
だからみんなに怒られたのです。
私は正義の心で立ち向かわなければなりません。

でも・・・今でも私は不安です。
まだ落ち込みから回復していません。
そして中でも一番不安なのは私のせいでゆめ2っきを嫌いになったらどうしようか?なところです。
私もゆめ2っきを嫌いになりたくありません。

プレイの仕方、世界観の味わい方は人それぞれです。
プレイヤーの中ではそこがゆめにっきっぽいのかを見ながらプレイしていくゆめにっきっぽさには厳しい人もいます。
私の場合その人のコメントが多く見て落ち込んだと思います。
私は以前まで気ままにエフェクトを手に入れ、EDを見つつ、ゲームを進んでいく型でした。
それが私の一番いけなかった点だと思います。
正直自分のマップでも酷く感じました。
ver0.103aの修正パッチで私の意向でアイドル関連イベントが消されたのもその理由です。
そんな酷いマップも710さんやイェリスさんが改善してくれました。
あの2人には心から感謝をしています。

実際今のことを言うと私は何やっても上手くいかない、どこへ行ってもいじめられると感じています。
学校でもネットでも、そういうことが起きています。
あのことを振り返ると私はいつか仕事で失敗する、私を求める男などいない、若くして死ぬと予測しています・・・
私は不運だと思っています。
でも何事も上手くいかないからって投げ出すようじゃろくなことにならないと思っています。
跳ね返されてもくじけずにぶつかってみせます。

長くなりましたが私からは以上です。
あと最後に聞きたいことがありますがあなたも製作者だったですよね?
何と名乗って製作に参加していましたか?

プロフィール

HN:
ふゎふゎ♥ホヨモッテリ
性別:
非公開
自己紹介:
mail:hoyomotteri ζ^鯖^ζ gmail.com

制作物

ふりーむ!ブランドページ
a film iP!2015年12月号(晋遊舎様)掲載
ドライブ
霧のアルター
3本足のレリカ

super cub 50  Out-Standing Guest Room記事

感謝

P R